MENU

eduCycle エコクラフトパックプロジェクト

レポート

多摩市立連光寺小学校での、エコクラフトパック(環境教育教材)の実施レポートを公開します。
今回は、小学3年生60名に“さわりごこちカード”を作ってもらいました。
使用する素材についての説明をしていただき、家庭でも、捨てる前にまだ使えるものなのではないか考える事の大切さに気付くきっかけになりました。

小学校実施レポート

捨てる前に、考えよう!

多摩市立連光寺小学校に通う小学3年生60名図工の授業中にエコクラフトパックを使って環境問題について学んでくれました。

概要

日時:
2017年1月24日(火)
1~2限目(45分×2)

場所:
多摩市立連光寺小学校

スケジュール:
1限 図工 ⇒ 作る
2限 図工 ⇒ 学ぶ(素材に関する説明、片づけ、作品の発表)

図工 作る

片付け

まだ使えるものと、もう使えないものをみんなでしっかり分別し、片づけました。
まだ使えるものは、今後の授業で使用してくれるそうです。

発表

チーム内で、メンバーの作品を触りあいました。
同じ素材を触っても、ツルツルだったりフワフワだったり、子どもによって感じ方が異なりました。

先生が、「今回使った素材は、実は捨てられてしまうものだったんだよ~!」と伝えると、子どもたちからは、「えーもったいないね!」「お店でこういうのみたことあるよね!」等感想が出てきました。
最後に先生から、「捨てる前に、もう一度考えてみよう。授業で勉強したことを、おうちでもやってみよう!」とお話がありました。

プロジェクト参加者
随時募集中!

  • サンプル品や端材を
    提供したい!

    子どもたちへの環境教育ツールが増え、環境への貢献につながるとともに、廃棄物の低減にもつながります。

  • エコクラフトパックを
    使用したい!

    子どもを楽しませながら、循環型社会を構築する次世代の人材育成をすることができます。

  • 新しいエコクラフトパックを
    作りたい!

    教育面・デザイン面でプロジェクトに関わることができます。

お気軽にお問い合わせください

エコクラフトパックを
すぐに実施したい学校関係者の方へ

FAX申込書と使用できる素材一覧がPDFで確認できます。