MENU

eduCycle エコクラフトパックプロジェクト

レポート

荒川区立第二瑞光小学校での、エコクラフトパック(環境教育教材)の実施レポートを公開します。
今回は、環境教育DESIGN WORKSHOP!で大学生が考えてくれた案を採用し、小学4年生42名に“オリジナルのネームプレート”を作ってもらいました。使用する素材についての説明、ごみクイズや3Rについての振り返り、工作から発表・展示と、工作を楽しみながら環境について考えてもらいました。

小学校実施レポート

これからは、ごみを減らさなきゃ!

荒川区立第二瑞光小学校に通う小学4年生42名が、社会と図工の授業中にエコクラフトパックを使って環境問題について学んでくれました。

概要

日時:
2016年12月30日(火)
1~3限目(45分×3)

場所:
荒川区立第二瑞光小学校

スケジュール:
1限 08:50~09:35 社会
⇒ 素材に関する説明、ごみクイズ、3Rについての振り返り、工作物の設計
2限 09:40~10:25 図工
⇒ 作る
3限 10:45~11:30 図工
⇒ 作る、片づけ、作品の発表

社会: 学ぶ・計画

担任の先生、図工の先生から、今回の授業の趣旨を説明してもらいました。

  • 社会の授業 素材に関する説明&ごみクイズ

    素材を見た子どもたちからは、「え~!ごみだったの?!キレイなのにもったいない!」などの声が上がりました。
    ※「ごみクイズ」はエコクラフトパックに入っています
  • 図工の授業 作るモノの説明

    先生からは、「素材を無駄にしないよう、ボンドで貼ったり切ったりする前に、一度置いてみていくつかデザインを試してみましょう!」とお話がありました。

図工: 作る

  • 素材選び(プレート部分) 
  • 素材選び(名前・装飾部分)
  • 作品づくり
  • 作品づくり

片付け

まだ使えるものと、もう使えないものをみんなでしっかり分別し、片づけました。
まだ使えるものは、今後の授業で使用してくれるそうです。

発表

各チームの良かった作品を図工の先生が選び、本人に発表してもらいました。

完成品がみんなで見られるよう、廊下に一時展示しました。

授業後、教室に戻ってからアンケートで今日のエコクラフトパックを使った授業の感想を聞きました。

生徒からの感想

先生からの感想

プロジェクト参加者
随時募集中!

  • サンプル品や端材を
    提供したい!

    子どもたちへの環境教育ツールが増え、環境への貢献につながるとともに、廃棄物の低減にもつながります。

  • エコクラフトパックを
    使用したい!

    子どもを楽しませながら、循環型社会を構築する次世代の人材育成をすることができます。

  • 新しいエコクラフトパックを
    作りたい!

    教育面・デザイン面でプロジェクトに関わることができます。

お気軽にお問い合わせください

エコクラフトパックを
すぐに実施したい学校関係者の方へ

FAX申込書と使用できる素材一覧がPDFで確認できます。